本年も宜しくお願い申し上げます。
先日、小田原にあるミカン園さんとご縁を頂き、ミカン狩りに行きました。
初体験という事もあり、張り切って挑みました。
冬の大定番、コタツのパートナーであるこの身近な果実に対し、始めて判明した事が沢山有りました。
・始めの数個は「行楽」であり、数十個目から「スポーツ」と化す
・種有りミカンが成る木は、他の実もだいたい種有りミカンとなる
・鳥にかじられている実が多い木や虫が止まっている木は甘い
・ミカンが成り過ぎると枝が折れてしまい木が駄目になってしまうので、
農園サイドとしては時期の終盤は激安でもいいので、実を狩って欲しい。
・枝のカット位置と方法
・ヘタ側から皮をむくと白いのが取れやすくなる
等とキリがありませんが、
「ミカンに限らず身近に感じている物や人の事を、わかっているつもりでも実はわかっていなかったりする。。。」と感じました → これが今回最大の収穫物かも。