不動産探しに切ってもきれない「間取り表記」は、

1K、1R、1DK、1LDK

2K、2DK、2LDK

3DK、3LDK、3SLDK

4LDK、4SLDK+DENやWIN

等、「数字+アルファベット」の構成で存在していますよね。

正解から伝えると

「数字→キッチン以外の居室の数+アルファベット→キッチンの広さ」を示します。

例)「2DK」は「2+DK」で、キッチン以外で2つの居室+キッチンの種類はDK

例)「1LDK」は「1+LDK」で、キッチン以外で1つの居室+キッチンの種類はLDK

という事です。

<キッチンの種類>

Kは~4畳まで

DKは4~8畳まで

LDKは8畳以上

 

<番外編>

1R→だけは特殊で、居室内にキッチンがあるタイプです。

1Kは「1つの居室+4畳未満のキッチン」です。

 

DEN→2LDK+DENなどの間取り表記にある「DEN」は、

納戸に近い3畳程度の小さな部屋で書斎や趣味の部屋と言われています。

 

S→納戸です。納戸には二種類あります。

①単なる納戸(荷物を入れる用途)

②居室の規定に届かなかった納戸(部屋として使える)

*建築基準の規則に到達できずに「部屋」とうたえない空間です。

例えば窓のサイズが5cm足りないなど、生活に支障はないものもあります。

つまり、

3LDKで探している方は、2SLDKでも該当する場合が有りますので、

検索の際は2SLDKにもチェックを入れましょう。

 

<その他>

WIC→ウォークインクローゼット

SB→シューズボックス

PS→パイプスペース(配管がある空間)

MB→メーターボックス(電気メーターなどがある空間)

 

以上です。